忍者ブログ
なんかいろいろ。
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


kisama.png












 同人ノベル「Omegaの視界」より、キサマちゃん。
 最近気づいたのですが、こういう、むーっとした顔をしてる女の子が好きっぽいです。僕は。
 マゾなのか。

 パーツが少ないと似せるのが大変です。
 しかも似てません。
 要するに僕が下手だってことなんですが。

 Omegaの視界、とりあえず4時間くらいで一気に読んだ(選択肢がないから、プレイした、というよりは、読んだ)んですが、最初に言うこととしては、面白かったです。
 物語は、ようやく登場人物が揃ってきたところで、次回に続く、となってるわけですが、ううん、早く読みたいな。
 ひぐらしをリアルタイムで追いかけてた人たちっていうのは、こういう気分だったんでしょうかね。
 少なくとも女の子の可愛さは保証するので、どんなんだろう、と思った方はやってみてください。オススメ。



 ……んで、まあ。
 聞かれてもいないのに語りますと。
 昔「既知街」っていう同人ゲームがありましてね。

 まあ……凄いゲームなんですよ。
 出だしからね、こう……

 1999年7月、中華人民共和国が日本征服しました。
 それから一ヶ月です。
 日本社会すかり中国化、あなた少々北京語解しますか。

 みたいな。
 ToHeartの二次創作です。
 詳しくはぐぐってください。
 かみさま見てるよ!

 まあそれはいいとして、僕が初めて手にした同人ゲームがこの「既知街」なんすね。
 ……いやQOH99だったっけな?
 多分初めてだったと思います。
 本屋さんでなんとなく手に取った、「この同人ゲームが凄い」みたいな雑誌? ムック? まあそんなのがきっかけでした。
 まだメロンブックス札幌店がアルシュビルにあった頃で……と言ってもごく一部の人しか分からないと思いますが。
 とにかく、それで僕は大きな衝撃を受けたわけです。

 僕は発想が保守的というか貧困というか、なんにせよ「新雪を滑る」という行為がとても苦手のようで、誰かが色々やってるのをみて、「あ、こんなことやっちゃってもいいんだ!」と驚いてから後追いに走るというのが常だったりします。

 東方のSRCにしたって、僕はSRC自体はかなり前からやっていたにもかかわらず、KORさんが一本上げるまで、やろうという発想すら浮かびませんでしたからね。
 世の創作者には、一次創作向きの人と二次創作向きの人がいるといいますが、してみると僕は間違いなく二次創作向きです。

 まあそれはそれとして、その、「やっちゃってもいいんだ」インパクトを初めて受けたのが、「既知街」で、ある意味、現在の僕の方向性を決定付けた一本と言えるかもしれません。
 その、「既知街」を手がけた方々が、まさしく、「Omegaの視界」の製作陣であるわけで、何か感慨深さのようなものを覚えずにはいられないわけで。
 今にして思えば、僕の描く絵の絵柄というのは、一体どこから一番影響を受けたのだろうということが長年の謎だったのですが、それはひょっとしたら、この閂夜明さんだったのかもしれません。
 上まつげの形とかが。

 いやもちろん絵が似てるとかそういうことじゃないし、氏に比べたら僕なんてゴミみたいなものなんですが。
 あくまで影響を受けたって話ね。

 それからえーと、えあGやって月姫やって、それからしばらく空いて妖々夢を小崎さんにやらせてもらったのが東方に入ったきっかけですね。
 その前に、なぜか蓬莱人形だけは持っていたんですが。
 ああ、あのCDを出した人のシューティングゲームっていうのはこれだったのか、みたいな。
 そのころは家にネット環境がなかったから調べようがなかったんですね。
 メロンブックス札幌店が狸小路に移って間もない頃の事だったと思います。
 またごく一部の人しか分からない話ですいません。

 まあこんな感じで、ここ数年やってきてるわけですよ。
 何でこんなことをうだうだと書いているのかというと、このホームページを開設したのが、この辺の時機だったような気がするからです。
 何年前だっけ? 多分五年ぐらい前? だったような?
 いやそもそもこの辺の時機だったっけ?

 ま、まあ、結構長く続いているとは思います。
 特に止める理由もないので、僕自身に何か起こらない場合は、多少形は変わることがあるかもしれませんが、また五年くらい続けていくのかなあとぼんやり思います。
 そのときはまた、「ああ、こうやって五年間やってきたんだよなあ」とか、思うんでしょう。

 それにしてもまあ、僕は将来、絶対に自分の歳とか誕生日とか忘れる老人になるだろうな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アルシュにメロンがあった時を知ってる人間がきましたよ。
同人通いになったのは狸になってからですが。
こう考えるともしかして汎用さんと今のメロンとかですれ違っているかもしれない、という妄想ができるわけで、何かオラわくわくしてきたぞ!
札幌在住の一市民 2007/11/01(Thu)19:49:35 編集
無題
 お、札幌市民の方ですか。いらっしゃいませ。

 わりとねー、すれ違ってるような気はしますねー。
 自慢じゃないけど僕は行動範囲狭いですから、向こうのほうへ行ったときには、ほぼ確実に立ち寄ってますからねー。
 今度メロンへ行った際に、電波の一つでも送ってみてください。
 ひょっとしたら受信できるかもしれません。

 それにしても、今にして考えると、アルシュ時代のメロンはあんなスペースでよくやってけたな。
凡用人型兵器@管理人 2007/11/03(Sat)04:30:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 ブログ内検索 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]