忍者ブログ
なんかいろいろ。
[145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どうも凡用人型兵器です。
 本日は、予告していた通り、多分全世界で二人くらいは待っていただろうと思われる、どきどき魔女神判のレビューを行いたいと思います。
 少々のネタバレが含まれますので、これから買おうと思っていて、そういうのが気になる人はご注意ください。

 結論から言うとかなりの良ゲーです。

 まずテキストですが、話の本筋それ自体には特筆すべきものはないのですが、本筋と関係ない、いわゆる「小ネタ」の数が物凄いことになっています。
 例えば、アドベンチャーパートでは、タッチペンを使って画面を調べていくのですが、どうでもいいような壁とか机とかにも、いちいちメッセージを用意しており、スタッフの遊び心が伺えます。
 教室に貼ってある掲示物なども、時間の経過や教室ごとによって違っており、「連続掲示板小説『あぶらさん』」などといった、センスあふれる内容が盛りだくさん。
 盛りだくさんといえば、パロディの量もすさまじく、わたしのぼうけんはここでおわってしまったり、赤なら魔法を両方使えてみたり、インド人を右にしてみたりと、全てを追いきることはおそらく不可能なほどです。
 この手の小ネタが大好きな人(僕とか)には、たまらない出来だと言えます。

 次にキャラクターですが、いわゆるギャルゲー的な取り揃え……と言うには少々アクの強いキャラが多く、レゲーオタ(SNKの回し者)、ショタ、きぐるみ、この人一人でCERO基準一つ上げてるんじゃないかと思われる先生(エロス)といった異彩を放つ連中がストーリーに華を添えます。(?)
 また、主人公のパートナーである「天使ルル」の性格がパートナーとして実にすばらしく、プレーヤーの薄汚れた願望を実に素直に喋ってくれるのでとても爽快です。いやほんと。
 ついでに、メインキャラクターは全員攻略できます。
 ショタも余裕で。

 システムは、全体的によくできていると思います。
 アドベンチャーパート、バトルパート、おさわりパートの三つに分かれているので、それぞれ解説していきます。
 アドベンチャーパートは、ギャルゲーなどでおなじみの、場所アイコンやヒロインの顔アイコンを選択して進めていくもので、分かる人にはこれ以上説明は要らないと思います。
 バトルパートは、一言で言うとドラクエソードをちょっとチープにしたようなもので、最初は苦戦しますが、慣れれば簡単に倒せるというバランスがちょうどよかったです。
 話が進むにつれて、ヒロインたちをパートナーにするという形で、できることが増えていくのも楽しいです。
 で、多分一番の売りであるおさわりパートですが……うん、良かったよ。
 こう、思春期特有のドキドキ感っていうのかな……そんな感覚を思い出したというか……声優さんの演技のおかげもあったと思いますが、とりあえず期待を裏切ることはなかったです。
 ちなみに、変なところばかり触っているとキャラクターが不機嫌になりますが、なんていうか、可愛い女の子に「ヘンタイ!」とか罵られると、ちょっとゾクゾクするよね。
 そういうわけで、そっちの趣向の方にもお楽しみいただけるかと。
 ただ、ED回収などで何度もやっていると、さすがにルーチンワークになってくるので、クリア済みデータでは飛ばせるようにしてくれると嬉しかったかも。

 その他、たくさん集めるとクリア後のおまけが増える「逆パンダ探し」などもあり、やり込もうと思えば結構やり込めます。
 普通にやると、一周は8〜9時間、メッセージスキップで飛ばせば2〜3時間くらいでしょうか。

 あと、完全にノーマークだったのですが、BGMがかなり良いです。
 ギターメインのゴキゲンな曲が多く、ゲーム全体の雰囲気にとてもよく合ってると思いました。

 そういうわけで、コンセプトに抵抗のない人になら、文句なくお勧めできるゲームだといえます。
 いやまあ、コンセプトに抵抗のない人というのがそもそも大きな壁だとは思いますが。
 取り立てて大きな不満点もなく、一発ネタ風の外見に反し、かなり丁寧に作られているように感じます。
 購入を迷っている人は、ぜひ思い切って買ってみてください。



 あ、大きな不満点一つありました。
 画面が暗くなったとき、ディスプレイに、にやけたキモオタの顔が映るんですよね。
 あれ何でしょうかね。
 気持ち悪いからやめて欲しいんですけどね。

 そんな感じです。




 最後に近況ですが、双剣舞の原稿も終わったので、またダラダラとした生活に戻っています。
 うまくいけば、来週末くらいに何かお見せできる……かもしれません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おかげで購入に踏み切ることができました。ありがとう。
匿名 2007/07/15(Sun)23:00:12 編集
無題
それはよかった。ほんと。
最後の神判に悶えてください。
凡用人型兵器@管理人 2007/07/24(Tue)18:36:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ブログ内検索 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]