忍者ブログ
なんかいろいろ。
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私には、「こんなカッコイイ生き方をしてえ!」という
敬意の対象である方が三人おりまして、
一人は学校で先輩だった人、一人は死んだじいちゃん、
そしてあと一人は神主です。いや神主には会ったことないんですが。
もう一人強いてあげるとするならタモリです。

さてどんなにじいちゃんがかっこよかろうと死は避けられないわけですが、
そこで葬式とかあの世とか言うものについて考えてみます。
葬式というのはなぜやるのかというと、それはもちろん
故人の冥福を祈るために行うわけです。
ところでそこに「私が死んでも葬式なんかしなくていい」
という人が出てくるわけですよ。
じゃあその人が死んだら葬式はしないのかというとまあしないのかもしれませんが
やっぱりどことなく後ろめたい気持ちを持ってしまうと思うのですね。
それはなぜなのかと考えてみるに、つまるところ葬式というのは
死者に対する儀式であると同時に生者に対する儀式でもあるからだと思います。
その人への思い出とか死の事実とか悲しみとかをそこで共有すると。

死んだらどうなるのかは、体験したこと無い私はもちろん分かりません。
あるいは無限に転生してるのかもしれませんが前世のことは覚えてないので分かりません。
ある人が死んだ後も幸せでいてほしいとか死んだ後は幸せでいてほしいとか
葬式や天国の成立には、そうした生者のエゴっぽいものが含まれているように思います。
うがった見方をすれば、そう思うことで悲劇に酔ってるとも言えますが。

ああ、今日こんなことを書く意味は特にないですよ。
強いて言うなら逃避です。

どうでもいいんですけど、全ての魂が輪廻転生しているんなら、
地球上の生命の数がどんどん増えていくことは
どう説明されるんでしょうか。分裂するのか、魂。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初めまして〜
自分的な解釈でよければ。

>全ての魂が輪廻転生しているんなら、
>地球上の生命の数がどんどん増えていくことは
>どう説明されるんでしょうか。分裂するのか、魂。

万物全てに魂があり、輪廻転生していると仮定すれば、
環境破壊が進み、死んだ草木が人間などに転生してると考えれば釣り合いそうな気がします。
それでも足りないのなら、
地球が複数の魂の集合体と仮定すれば、
生物が増えるたびに、地球の寿命=魂が減っている。
と、こじつけますw
さらに環境破壊で老衰に加速〜
多分人口が1/10になれば長生きできそうですよ>地球
EXAM URL 2005/07/04(Mon)23:12:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー 
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]