忍者ブログ
なんかいろいろ。
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ファイナルスパークと思いきや実はファイナルアトミックバスター」
というネタを思いついたのですが、披露する機会を全く思いつけません。
凡用人型兵器です。

「僕」を「ボク」と言ってみたり、「だめぇ」を「らめぇ」と言ってみたり
するだけで萌えが発生する日本語は、つくづく変態に向いた言語だなあと
思うわけですが、なんかこう世の中には、「俺はお前らとは違う!」
と主張したい方が多いようで、僕に言わせれば全く馬鹿馬鹿しい。
例えるなら、チャンピオンREDいちごとコミックヴァルキリーは
どちらが健全かという議論くらい意味がないと思いますね。

大体、変態で何か悪いことがあるのでしょうか。
人間以外の動物には、変態はいないのですよ。
言うなれば変態の存在こそ、人が知的生物である証拠というものです。

変態を定義するならば、ぶっちゃけ生身の異性とフェロモンそのもの以外の部分に
性的な欲望とか快楽とかを見出す人々のことになると思いますが、
その理屈で言うと、二次オタなどはまさしく変態の極北、
肉体すら要らぬという究極の壊れっぷりであると言えましょう。

無論、これは誇るべきことなのです。
人類の文明史というのは、要するにいかにして人間が
「ただの動物」から「社会的動物」に進化してきたかの歴史なわけで、
ただの動物から遠ざかっていればいるほど、遺伝子的にはどうか知りませんが、
人としては進化しているのです。
その辺の犬が、漫画的にデフォルメされた萌え犬画像に興奮できますか。
できないでしょう。
そう考えると、萌え絵に理解を示さない人は、我々よりむしろ犬に近い。

そう、巷間言われている説は間違いで、
オタがロリキャラにハァハァするのは、逃避ではないのです。進化なのです。
現実と違って、想像の世界には真善美のイデアがあるのです。
それに触れてしまった以上、現実に戻る気になれないのは
まったく必然、例えるなら、「ふざけるな! こんな殺人鬼がいるかもしれない
部屋でなんか寝られるか! 俺は一人で寝るからな!」と言った奴が
次の日の朝死体で発見されるのと同じくらい必然なのです。

大体常々僕は主張しておりますが、ゲーマーとスポーツマン、
どっちがより犯罪を引き起こすかといったら圧倒的にスポーツマンなんですよ。
これは科学的にも証明されてます。
スポーツをすると男性ホルモンが分泌されて攻撃性が高まるって。
なのに、世の中の「スポーツマン=さわやか、イケメン」という
思い込みのため、ラグビー部が集団暴行事件を起こしても
その心の闇を暴こうという特集はついぞ組まれないのです。

大体「スポーツマン=さわやか、イケメン」って
最初に言い出したの誰だか知ってるんですか。
ナチスですよ。
あいつらが「ゲルマン民族=運動能力優秀=イケメン」って
世界に喧伝したのがベルリンオリンピックあたりから広まって、
戦後になってゲルマン民族の部分が抜け落ちて現在に至るんですよ。

つまり「オタク=キモイ」って言ってる奴らは全員優生学思想のファシスト。
俺理論により決定しました。
この悲劇は、すべて「俺は変態じゃない」と思いたい
無知な大衆が多いがために起きているのです。
重ねて言いますが、変態であること、それ自体は悪くありません。
まあ、法に触れるようなことを実行しちゃったらまずいですけど。
人に言えない性癖の一つや二つ、誰だって持ってるでしょう。
持ってない人がいたら、それこそ立派な変態です。
変態とは即ち余裕であり、人が目指してきた社会の果てに、
必然的に生まれ出るものなのです。
否定すべきではなく、むしろ積極的に肯定すべきなのです。
オタクをキモイと思う人は、じゃあ存分に縄文時代に
お戻りくださいと、僕は言いたいですね。




とまあ、つらつらと正当化してきましたけど、キモイもんはキモイですね。
変態とは、外れているから変態なのであって、
なんだかんだ言って常識に生きている僕らとしては、
自らの常識に照らし、変だと思うものは理屈抜きでキモイと思います。

いくら、オタクは平和を愛するとか、オタク以外のほうが罪を犯しやすい
とか言っても、そういう理屈抜きの感情には
そうそう対抗できるものではありません。

だってねえアナタ、オタクってのは、上に挙げたような二つの雑誌を
喜んで買うような人種ですよ? 抜群にキモイですよ?
「こどものじかん」とか平積みですよ? 何に使う気だ?
(そうでない人も多いけれど、外からは区別がつかないし、
往々にして外からは一番過激な部分が映るものです)

と言ってもやはりオタクとしては反論したくなるので、
それを封じるためにも、別の例を挙げてみたいと思います。

僕は、茶髪の和服が大嫌いです。つうかぶっちゃけ茶髪が嫌いです。
あんなもの改造ですよ。しかも駄目なほうへの改造ですよ。
ただの茶髪ならまだいいのですが、和装と組み合わさると最悪です。
なので、例年、成人式と卒業式のシーズンは憂鬱になります。
本当にもう嫌で嫌で嫌で嫌で、自分の成人式の日は家で寝てましたし、
卒業式の日はなるべく周囲に目を向けないようにしていました。

また同じような理由で、僕はサッカーの「なでしこジャパン」を、
その名称を使用する限り永久に応援しないと心に決めています。
だってあなた、選手写真見れば分かりますけど、
一体どこに大和撫子がいるというのですか。教えてくださいよ。
だから、去年のアジア大会の決勝で北朝鮮と戦って負けた時、
僕は心底喜びましたね。
おそらく、こんな理由でよりによって北朝鮮チームを応援した人は、
世界広しと言えどもおそらく十人もいないと思われますので、
ある意味僕は世界のトップランカーとも言えるわけで、
大いに自身の誇りとするところであります。

話がそれましたが、僕はかように茶髪和服を憎悪しているわけですが、
僕が彼女らに何かされたかというと、なーんにもされてませんよ。
彼女らだって、話してみれば普通の人でしょうし、
気が合うことだってままあるでしょう。
(実際に茶髪の友人もいますし)
ただ理屈抜きで許容できないだけです。

オタクだって同じようなもんです。
それ以外は普通の、善良な人だけど、ただその趣味嗜好が合わない。
それはもう、どうしようもなく合わない。
実際僕だってこんなですけど、将来もし娘ができたとして、
ロリオタを近くにおきたいとは思いませんもの。
やべ俺、娘に近寄れない!?

……なんかの雑誌にあったのですが、エロゲ業界のいろんな人に、
2007年のエロゲ業界について展望をアンケートみたいな
企画があったんですけど、みんな普通に更なる発展を期待とか
言ってる中で一人、虚淵玄さんて方、エロゲ人のくせに
血なまぐさい話ばかり書いてる方なんですけど、彼だけが
「あんま発展しないほうがいいと思うよ」みたいなこと言って、
ひたすらに浮いていました。

彼曰く、エロゲとはポルノで、元来恥ずかしい趣味である。
そんなものが市民権を得てはいけない、目立つと叩かれる。
ひっそりとやっていくぐらいでちょうどいい、云々と。

きっとそうなんですよね。
オタクはキモイ上に目立ちます。
だから叩かれるのは仕方ないのです。
無理に反論しないほうがいいと思います。
あ、理不尽を受け入れろってことじゃないですよ。
いい歳して、漫画とかゲームとか子供のおもちゃのおこぼれに
預かっているのですから、あんまりウダウダ言わないほうが
結果として業界全体のためになるんですよ。
ハイエンドなオタク層に向けて発売されたPS3、売れてないじゃないですか。

オタクなんてやってる人は概して自意識過剰ですから(僕とか)
つい、ことあるごとにオタク論をぶってみたくなりますが(僕とか)、
オタクとは変態であることを従容と受け入れて、
ひっそりと生きていくべきなんじゃないでしょうかね、
ということを、フォームから来たメールを見ながら思いました。





そんなフォームレス
>三頭身キャラでエロできるわけない。>ブルードラゴン
だが、ちょっと待ってほしい。
そもそもがアニメキャラとは、実際の人体をデフォルメしたものである。
三頭身だからといって、エロができないとは、
あまりにも結論が先に来た議論ではないだろうか。
誰だか知らないが、コメント主は「園ジェる」で一度ぐぐるべきだ。
いや、やはりぐぐらないほうがいいと思う。
風の息づかいを感じていれば、ペドの気配を察知できたはずだ。
鳥山絵にしても、筆者は一度、絵柄まんまのDBエロ同人を見たことがある。
興奮できるかどうかはともかく、やってみる前から否定する態度は
科学的発展を妨げるものであろう。
君達はどんなエロを求めているの。コミケが人に問いかけている。

>途中で送っちゃったよ。360より
>ときめきメモリアル Girl's SideDS版のレビューを書いて欲しい。

突 然 何 を 言 い 出 す ん だ 君 は
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 ブログ内検索 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]