忍者ブログ
なんかいろいろ。
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 円谷プロは相変わらずすげえなあ。
 アイレムも凄かったけど、ちゃんとゲームを作りなさい貴方たちは。

 え、うち? なんか有りましたっけ?

 凡用人型兵器です。

 「なんでゲームなんて作ってんの?」って聞かれるんですけど……逆に聞きたいのですが、なぜ皆さんは作んないのでしょうか。
 まあ、忙しすぎてとてもじゃないけどそんな時間がないとか、機材を持ってないとか(さすがにここ見てる人でPC持ってない人はいないでしょうけど)、そういう人はしょうがないとは思いますが。

 確かにまあ、ゲームに限らず、創作なんて面倒くさいことこの上ないですよ。
 技術の習得も面倒くさいし、ネタ出しも面倒くさいし、実際の作業なんて面倒くささの極地みたいな感じで、しかもそこまでしても、評価されるかどうかなんて分からないし。
 面倒くささっていうのは大敵です。
 「こんなのがあったらいいなあ」っていうことを思って、でもやらないっていうのは、要するに面倒くさいからですよね。
 技術的な問題は時間と手間さえかければ……あるいは、できる人をどこかから見つけて交渉して連れてくれば解決できるわけですが、どちらも実に面倒くさい。
 例えば僕が、「東方でバーチャロン並の3D弾幕シューティングを作りたい」と思ったとして、当然僕には3Dモデリングの技術もなければプログラミングの技術もなく、ついでに作曲もできず、仮にあったとしてもその作業量は膨大極まりないわけで、「じゃあいいや……」となります。チャロン並の規模となれば当然開発費用だって洒落にならないでしょうし、それを稼ぐのも実に大変。
 つまり、かかる手間(面倒さ)>それを作ることで得られる快感、なわけです。
 逆に言うならば、「面倒だけど、それでも作りたい」と思えたなら、面倒だ面倒だと言いながらも色々やっていくことになるのでしょう。

 去年にも似たようなことを書いた気がしますが……いざやってみると、結構楽しいものです。
 面倒ですが。ホント面倒ですが。
 でも、僕が今までやってきたように、自分が見たこと、感じたこと、思ったこと、好きなこと、嫌いなこと……まあ、なんか色々、そのようなものを混ぜこぜにして、何か形にするっていうのは、なんつうかまあ、いいですよ。
 僕もこんな偉そうに言えるほど大した事をしているわけではありませんが、それでも、やっててよかった、とは思えますからね。

 なんかやりたいなら、思い切ってやっちまえ、と。
 面倒ですが、やんないまま諦めるよりかは少しは楽しいんじゃないでしょうか。

 今年度もこんな感じで。



 あ、何でやらないのかって、特にやりたいようなネタもないから、っていうのがありましたか。
 まあそれならそれで。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 ブログ内検索 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]