忍者ブログ
なんかいろいろ。
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


TOHO_Lolice.jpg
 調子に乗って第二弾です。
 これで分かる人はまずいないと思いますが。
 全体的に色素薄いのはわざとだよ。
 ほんとだよ。


TOHO_Lolice2.jpg
 で、胸像。
 なんだか描いたはいいんだけど出したもんだろうかこの人。
 整合性とかどうすんだ。



 まあ、こんなんでも一応、エムブレムの頃に比べたら多少は上達していると思います。

 「こんなのあったらいいのになあ」とか、「こんなのやりたいなあ」っていうのは、なんにせよ、誰でも一度は思ったことがあると思います。
 で、僕は思うのですが、じゃあ作ってみようよ、と。
 むしろ何で作ってみようとしないの、と。
 尊敬する先輩が昔、「その漫画やゲームがとても好きだっていうのに、なぜみんな絵を描こうとか思わないのかなあ」と言っておりましたが、全く同感です。
 最初から上手い人なんているわけないでしょうに。
 高校の頃に僕が作ったSRCシナリオ(グラ自作。全世界で十人くらいしか知らない)なんて、今見返したら凄いですよ、もう。
 冗談抜きで死にますよ。いろんな意味で。
 一例を挙げると、MSペイントで色塗ってましたからね。

 大体、はっきり言って、僕はお世辞にも絵の才能があるとは思えないし、文章だってSRCのスクリプトだって、得意だと思ったことは一度もねえわけですよ。
 そんなんでも、大体このくらいの事はできるわけですよ。
 作りましょうよ。面白いですよ。
 無理だと言うかもしれませんが、本当に作りたいのなら、嫌でも何でも必要なものはそれなりに出来るようになっていくと思います。
 僕の絵とかが好例です。

 まあ技術的にはともかく、現実的に(お金とか)無理なものとかは無理ですけどねー。
 でも、待ってても多分誰も作ってくれねえですよ。
 しょうがないから自分で作っちまうわけです。
 もちろん頭の中の物を100%写し取れるわけじゃありませんが、それでも、奇跡的に他の誰かが作った似たようなものよりは、イメージしたものに近いはずです。多分。
 いったん始めると、ただ他の人の作ったものを鑑賞するだけってのは、ずいぶん味気なく感じますよ。
 そういうわけで、さあ、皆さんもドンドン何かやってみましょう!

 あ、もちろん何が起きても僕は責任取りませんけどね!


 17(金)は、前にもお伝えした通り、
 A−62b 「Feather's Snow」にて
 合同SS本「東方双剣舞」が頒布される予定です。

 僕もスペースにいると思うので、購入のついでにでも何か声をかけてくれると僕がとても喜びます。
 おそらく死にそうな顔でグッタリしていると思われる長細いメガネです。どうぞよろしくお願いいたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ブログ内検索 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]